生活環境マネジメント学科のイメージ写真
生活環境マネジメント学科のゼミ(演習)の紹介


跡見学園女子大学では、1年生から4年生までゼミ(演習)は必修科目です。

プロゼミ(1年生)

 授業の受け方、レポートの書き方、プレゼンテーションの仕方など大学で学ぶ上で基礎的なことを学びます。

実践ゼミナールA・B、インターンシップ(2年生)  

 マネジメント学部の共通科目(必修)として実施します。ゼミは、春学期と秋学期に、インターンシップは原則として夏休みに2週間(10日)、外部の企業、地方自治体、各種団体にて実施します。
 マネジメント学部のインターンシップのホームページはこちらへ
 
生活環境マネジメント学科の教員が担当する実践ゼミナールは下記の通りです。

   氏名  テーマ ゼミの目的・目標
教授 石渡 尚子  食環境マネジメント  いつでも欲しいものが好きなだけ食べられる、便利で豊かな食生活を支えているのが現代の食環境である。食環境は食のライフスタイル、食の安全など広範囲に渡っている。社会状況と共に食が外部化し、食生活スタイルも大きく変化した。本ゼミではこのような食環境の中、自己の食生活をどのようにマネジメントしていけば健康で安全な食生活が営めるか、問題点を発見し、解決策を立てられるようになることを目標としている。  
 教授  宮崎 正浩 エコビジネス   地球温暖化、資源枯渇などの環境問題が深刻になっています。このため、企業は、環境を保全しつつ社会や経済の発展に貢献することが期待されています。
本ゼミの目的は、環境保全と経済を両立させる「エコビジネス」について実践的に学ぶことです。
本ゼミの目標は、エコビジネスの基礎的知識を身に付けるとともに、グループ討議を通じてコミュニケーション力を高めることです。
准教授  深町 弘祥   ファッションと環境マネジメント   現在、さまざまな分野において、安全快適な生活環境の実現と持続可能な社会を目指す取り組みが求められ、環境問題に取り組む非営利組織だけでなく、広く一般企業もその社会的責任を果たすことを目的として、環境にやさしい取り組みを行っている。具体的には環境に配慮した省エネルギー製品や資源の再利用を前提とした製品の開発とシステムの構築などがある。そうした現状を踏まえ、学生自身が日々の生活環境の改善に向けた仕組みを積極的に考え、行動できる力を習得する。
 准教授   横井 由利  ファッツョンと環境マネジメント  最近メディアは環境にスポットをあてた報道を頻繁に行っています。それに伴いあらゆる企業もまた環境の問題への取り組を本格化させています。ファッション関連の企業もまた環境保全の見地から、持続可能な社会を目指し、システムの構築や素材の開発を積極的に行っています。 そうした社会現象に目を向け、その解決法を学生自身が考える力の習得を目指します。またファッション文化への視野も広げ、実践につなげていきます。
講師   赤松 瑞枝  福祉住環境  急速に進む人口の高齢化に対応するために、住まいやまちにはどのような配慮が必要となるのか。バリアフリーの住まいやまちづくりについて多角的な視点から討議・考察する。高齢化に伴い心身にどのような変化が生じるか、どのように対応すれば高齢期にも安全にかつ安心して生活できるか、高齢者を支える家族にとっても快適な環境を整えるにはどのような配慮が必要か、など各自が現状を把握した上で問題点を発見し、諸問題の分析と考察を行い、解決策を提案できるようにすることを、目標とする。


 

 

生活環境マネジメント学演習(3.4年生)

 生活環境マネジメント学演習は、より専門的かつ先端的なマネジメントの研究分野において、学生一人ひとりが「現実社会における諸問題の解決」を目的とする実践的な取り組みを行い、これを教員が支援するものです。学生の主体的な取組みが重要です。
 
 

   氏名  テーマ 目的・目標 
 教授  石塚 正敏  ライフスタイルと健康  本ゼミでは、自分なりの望ましい生き方を含めた健康的なライフスタイルを確立し、そのために必要なマネジメントの方法について考察する。また、社会人となってからの仕事と家庭生活とのバランスをとる、ワークライフバランスについても議論する。 
教授 石渡 尚子  食生活のリスク   食の「安全」と「安心」は同義語的に扱われることが多いが、「安全」=「安心」ではない。「安全」とは自然科学の根拠に基づくものであり、この世に100%安全な食品は存在しない。一方、「安心」は個人の主観による心のあり方で、理屈ではない部分が含まれる。この演習では、課外活動等の実践的な学びを通じて食のリスクを客観的に判断できる力を養い、「安全」と「安心」の違いを理解したうえで自己の食生活をマネジメントできるようになることを目的とする。 
 教授  宮崎 正浩  
企業と環境 
 現代の企業活動は、大量の資源を消費し、それにともなって、地球温暖化の原因となるCO2などを大量に排出しています。このまま進むと、人類は深刻な危機に直面すると予測されています。このような事態を避けるため、企業は環境保全に務めることが求められていますが、一方では、このような要請に積極的に対応し、経済と環境を両立するビジネスを展開できる企業は中長期的に成長するチャンスを得ることになります。
本演習では、企業活動と環境との関係に関する最新の情報を基に、環境と両立する企業活動のあり方を考えます。
本演習では、研究とその成果の発表、グループ討議や論文作成を通じ、考える力、チームワーク力、プレゼンテーション力、論文作成能力を身に付けることを目標とします。 
 教授  村田 あが  都市の環境と文化  都市の環境と文化に関わる様々な課題について受講生各自の視点により考察し、問題点を発見し解決策を見出してまとめることができるようになることを目標とする。3,4年次それぞれが研究課題を設定して研究を深耕し、複数回の報告、発表を通して軌道修正しつつ研究をまとめる姿勢を身に着け実行することを目指す。 
准教授 天海 弘  フードシステムとしての商品企画演習  前期課程で学修した学問的な基礎をふまえて専門分野の知識や技能を身につけるために、担当教官の指導のもとに学問研究を行う。春学期は研究テーマを見つけるために幅広く学ぶことを目的とし、ディスカッション、テキストや教材の輪読を行い、情報収集力・話題提供力・批判的思考力等を身につける。秋学期はグループででテーマを設定し、調査研究を行い、成果を発表することを目的とし、課題解決力やプレゼンテーション力を身につける。
 准教授   横井 由利  ファッション文化  「ファッション」は、歴史、社会、哲学、美術、文学、音楽、経済とさまざまな分野で研究されています。本ゼミナールでは、多面的な要素をファッションの文化的な現象と捉え研究していきます。既存の研究に捉われることなく、視野を広げ新しい視点、観点でファッションを研修していきましょう。本ゼミナールは、自分なりのテーマを見出すことから始まり、研究を深め、最終的には論文にまとめることを目指します。
講師   赤松 瑞枝  住居管理と住宅政策  住生活に関わる様々な課題について、受講生各自の視点から問題点を抽出し、考察。独自性を持ち、且つ具体的な解決策を導き出してまとめることが出来るようになることを目標とする。3・4年次それぞれが研究課題を設定して、関連する情報を収集・分析し考察を重ねる。さらに複数回の報告と発表を通して軌道修正しつつ、研究をまとめる姿勢を身につけることを目指す。

卒業論文

平成27年以降の入学者は卒業論文が必修になります。
(平成26年度までの入学者は、マネジメント学部では、卒業論文は必須ではなく選択ですが、ほとんどの学生が卒業論文に取組んでいます。)


過去の卒業論文テーマ:
2017年3月卒業生2016年3月卒業生2015年3月卒業生2014年3月卒業生 2013年3月卒業生: 2012年3月卒業生2011年3月卒業生2010年3月卒業生





トップページへ