現代社会が求める、 高度なマネジメント能力を発揮できる人材を養成します
(修士課程、共学)
 
 
  最新の更新日:2018年10月22日
        アクセス数 無料カウンター    大学院の公式ホームページ

2018年度から外国人留学生対象の入試が行われます
 2019年2月11日、3月12日に外国人留学生を対象とした入試が行われます。

 詳しくは、こちらへ


2017年秋学期にオープンゼミナールを開催しました

2017年度

跡見学園女子大学・大学院マネジメント研究科・秋期セミナー

「経営学、文化経営学、医療経済学の専門家5名からみた近年の動向・トピック」

のご案内

 

 来る11月25日(土)に表記のセミナーを実施しますのでご案内いたします。

マネジメント学部は2002年、大学院マネジメント研究科は2006年に発足しました。

マネジメント学部は別名「マネジメントの教養学部」、経営学だけでなく、経済学、政治学、法学、行政学、文化経営学、衣食住・環境学など幅広い分野のマネジメントの学びの場です。これほど広範な分野を持つマネジメント系学部は少ないでしょう。

 大学院マネジメント研究科も同様に幅広い分野、かつ、アカデミックと実務家教員の構成で、卒業生の皆さま、社会人の方などに、職場や組織で働き、人生の学びを整理し、学び直しの場を提供しています。

大学院の活動をご理解頂くため11月25日(土)13時〜14時過ぎ、文京キャンパス(茗荷谷)M2801教室にて、大学院紹介セミナーを開催します。当日は大学院の概要、5名の教員による授業や研究、近年のトピックの紹介など行います。ふるってご参加ください。当日直接来場されても結構です。

 

日時:2017年 11月25日(土)13時〜14時

場所:文京キャンパス(茗荷谷)M2801教室

内容:

  大学院の概要、5名の教員による授業、近年の研究動向・トピックの紹介など

  宮崎正浩 研究科長    :挨拶(大学院の概要など)

近年の研究近年の研究動向/近年のトピック動向/近年のトピック

   専門分野/授業科目  近年の研究動向/近年のトピック
 細川淳教授  エシカル・ビジネス論、従業員所有事業論
「ソーシャルビジネス」
社会性と事業性の両ミッションを追求するエシカル・ビジネス、および従業員が自社のオーナーになる従業員所有事業を研究しています。 
 崔勝B教授  人的資源管理、国際経営
「人材マネジメント」
 日本の「雇用」問題、特に最近の話題である、日本の賃金の話(年功賃金から同一労働同一賃金へ)と労働時間の話(残業と長時間労働の是正)を紹介します。
 曽田修司教授  アーツ・マネジメント、文化政策 
「文化マネジメント」
 コンサート・チケットなどの「チケット高額転売問題」にみる価格決定・流通メカニズムに注目しています。
 イシカワカズ教授  芸術諸学、社会学、広報学
「ベンチャーマネジメント」
 音楽市場とオーケストラ経営の問題、そして税金を財源とした助成金の在り方について研究しています。
 石塚正敏教授  保健医療経済学、公衆衛生学
「保健福祉論」
 40兆円を突破した国民医療費の抱える構造的問題や、自民党若手議員が提唱する「こども保険」構想の問題点などの分析を行っています。


お申し込み先:

  跡見学園女子大学マネジメント学部研究室「大学院セミナー係」

  電話 048-478-4110

  メールアドレス sakura-ml@atomi.ac.jp


最近の活動は、こちらへ

平成27 年度から新しいカリキュラムが始動しました


マネジメント研究科は、平成27 年度からカリキュラムを一新しました。

新しいカリキュラムの特徴は3 点あります。
一つ目の特徴は、「マネジメント通論」という必修科目を新設したことです。研究科の名前を冠したこの授業では、経営学や経済学よりも幅が広くて奥が深い「マネジメント学」について学びます。

次に、従来、特論科目に設定されていた「企業・公共」、「生活・文化」という領域の区分を廃止したことです。もともと両領域とも幅広い分野をカバーしていることから、区分の廃止により、大学院生の選択の自由が広がります。

さらに、社会の動きに対応して授業科目を新設したことです。ビジネスに不可欠な企業金融を学ぶ「企業ファイナンス」、起業家養成を目的とした「起業論」、「ベンチャーマネジメント」を新設しました。また、NPOなど非営利団体の運営方法を学ぶ「ソーシャルビジネス」の新設は、新たな公共の担い手としてNPOの活動が重視されていることを受けたものです。

さらに、大学院生たちの高い関心に応えて、「ファッションマネジメント」も新設しました。 なお、従来ある科目も一つ一つ吟味し、「マーケティング論」、「サステイナブルマネジメント」、「キャリアマネジメント」など、名前を聞いただけで授業内容がわかるように工夫しました。
現代社会のマネジメントに関する問題を、より深く追究することができます。


詳しい情報は、大学院の公式ホームページ

 
 
 
   
マネジメント研究科の特徴

跡見学園女子大学 大学院 マネジメント研究科は、2006年に設立された大学院(修士課程)です(男女共学)。

  • 本研究科は、全国初の「マネジメント学修士」を養成する大学院としてユニークな存在です。
  • 本研究科卒業生の活躍の分野としては、一般企業やベンチャー企業、行政機関や公的機関、NPOなどが想定されます。マスコミに就職した先輩もいます。また、社会人経験を経て、大学院で「学び直したい」人、現在の職場でスキルアップを目指したい人も歓迎しています。
  • 本研究科では、学部でマネジメント関連の専門科目を履修してこなかった人でも、マネジメントに対する意欲があればその専門科目を十分学べるような体制をとっております。
  • 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科との間には単位互換制度があり、立教大学池袋キャンパスでも学ぶことができます。
  • 東京都文京区の静かな環境で学ぶことができます(東京メトロ丸の内線茗荷谷駅から徒歩2分)。
  • 社会人入学試験では、大学卒業資格を有しない方でも個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められた場合には受験することができます。
  • 国連に設立された「責任あるマネジメント教育の原則」(Principles for Responsible Management Education:PRME)に参加しています。
 
  関係学会:社会デザイン学会
環境経営学会サプライチェーンマネジメント研究委員会は、こちらへ


本研究科とマネジメント学部は、大学やビジネススクールにおける教育に企業の社会的責任と持続可能性を十分取り入れることを目的として、世界の大学やビジネススクールの代表によって2007年に国連に設立された「責任あるマネジメント教育の原則」(Principles for Responsible Management Education:PRME)に2011年7月に参加しました。
 


 
  本ホームページは教員が作成しています。ご質問・ご意見等がありましたら下記連絡先にお寄せください。
〒112-8687 東京都文京区大塚1-5-2 跡見学園女子大学 大学院 マネジメント研究科 電話:03-3941-7420
E-mail:miyazaki□atomi.ac.jp(□にを入れてください)