跡見学園女子大学 柳上書屋 常務理事からの花便り 跡見群芳譜 樹木譜

しきみ (樒) 

学名  Illicium religiosum(I. anisatum)
日本名  シキミ
科名(日本名)  シキミ科
  日本語別名  ハナノキ・ハナシバ、コウノキ・コウシバ・マッコウギ、ブツゼンソウ
漢名  東毒茴(トウトクカイ,dongduhui)
科名(漢名)  八角(ハッカク,bajiao)科
  漢語別名  毒八角(トクハッカク,dubajiao)、大毒茴、莽草
英名  Japanese anise tree
2006/02/22 跡見学園女子大学新座キャンパス
2007/03/29 神代植物公園
2005/04/26 跡見学園女子大学新座キャンパス

2005/05/09 同上

2005/05/26 同上

2005/08/11 薬用植物園


 シキミ科 Illiciaceae(八角科)には、次の1属がある。
 シキミ属 Illicium(八角屬)には、約40種がある。
   アカバナシキミ I. arborescens(臺灣八角・紅花八角・碗龍仔)
 臺灣産
   I. brevistylum(短柱八角)
   ホソバシキミ I. daibuensis(I.arborescens var.oblongum;大武八角・恒春八角)
         
臺灣産
   I. difengpi(地楓・血楓皮) 
『中国本草図録』U/0568
   I. dunnianum(紅花八角)
   I. henryi(紅茴香・八角茴樹)
 『中国本草図録』W/1640
   I. jiadifengpi(假地楓皮)
   I. kaidifengpi(假地楓皮)
   I. lanceolatum(披針葉茴香・狹葉茴香・莽草・山木蟹・木蟹柴・大茴)
        
 『中国本草図録』]/4598
   I. macranthum(大花八角・桂林地楓皮)
   I. majus(大八角・假八角) 『中国本草図録』]/4599
   I. micranthum(小花八角・山八角)
   I. oligandrum(少葯八角)
   I. pachyphyllum(短梗八角・厚葉八角)
   シキミ I. religiosum(I.anisatum;東毒茴・毒八角・莽草・日本大茴香)
   I. simonsii(野八角・土八角・川茴香)
 『雲南の植物U』48・『中国本草図録』X/2101
   ヤエヤマシキミ I. tashiroi
   I. ternstroemioides(厚皮香八角)
   トウシキミ I. verum(八角・八角茴香・大茴香;E.star-anise)
        
『中国本草図録』T/0069・『雲南の植物V』41

 シキミ属の植物は、モクレン科 Magnoliaceae(木蘭科) シキミ亜科 Illicioideae(八角亞科)として扱うことがある。 
 しばしばトウシキミとシキミとを混同するが、誤り。トウシキミ(八角)は有名な香辛料だが、シキミには猛毒がある。
 漢名を樒(ミツ,mi)というものはジンコウ Aquilaria agallocha、熱帯アジアに産するジンチョウゲ科の香木、別名は密香樹。
 したがって、日本では樒をしきみと読んでシキミを表すものとするが、誤り。
 深江輔仁『本草和名』(ca.918)莽草に、「和名之岐美乃木」と。
 源順『倭名類聚抄』
(ca.934)に、樒は「漢語抄云之岐美」と、莽草は「和名本草云、之木美」と。
 小野蘭山『本草綱目啓蒙』13(1806)莽草に、「シキミ
和名鈔 ハナ江戸 ハナシバ筑前 ハナノキ播州雲州 カウシバ遠州 カウノキ同上 葉花和方書 香葉同上 仏前草和方書葉末」と。

 莽草がシキミであることについて、『全国中草薬匯編』
上p.391参照。
 本州宮城県以南・四国・九州・沖縄・朝鮮最南部に分布。
 全木にアニサチン anisatine という痙攣性の神経毒を含む。ことに果実は毒性が強く、誤って食うと死ぬことがある。
 古代には、神事・仏事にさかきとして用いられたが、中世以降は、(一部を除いて)、仏事、ことには葬式に用いられ、しばしば墓場などに植えられる。
 『万葉集』に、

   おくやま
(奥山)の しきみがはな(花)の な(名)のごとや
     しくしくきみ
(君)に こ(恋)ひわたりなむ (20/4476,大原真人今城)
 
 西行(1118-1190)『山家集』に、

   しきみお
(置)く あか(閼伽)のをしき(折敷)の ふち(縁)なくば
      何にあられ
(霰)の 玉とち(散)らまし
       
(はなまゐらせけるをりしも、をしきにあられのちりけるを)
 

   野とゝもに焼る地蔵のしきみ哉 
(蕪村,1716-1783)
 

跡見学園女子大学 柳上書屋 常務理事からの花便り 跡見群芳譜 樹木譜 *** ↑Page Top

Copyright (C) 2006-2010 SHIMADA Hidemasa.  All Rights reserved.